投資資金が少ないときは少額投資!何に投資できるか

PR:記事内のアフィリエイトリンクから収入を得る場合があります

投資をしたいけれど投資資金が少ない。そんなときに選んでみたい少額投資。世の中には数千円、なかには数百円から投資できるものもある。ここでは、そんな少額投資の対象になりそうなものを紹介。

単元未満株

国内上場株式の単元数は100株が普通。一株千円の株でも、10万円はないと買えない。それが単元数。しかし、それを一株からでも買える制度が単元未満株。大抵のネット証券ではこの制度が使えるので、初心者で知らなかった場合は是非。

おつり投資

自分でおつり金額を設定して、買い物アプリなどからのお釣りを投資するもの。スマホアプリで少額投資ができるお手軽さが売り。トラノコなどが有名。

ポイント投資

日々貯めているポイントで株や投資信託などを買えるのがポイント投資。「この証券会社ではこのポイントが使える」というのが決まっているので、対象の証券会社を持っていなければ口座開設を。有名どころだと、Pontaポイント投資ができるauカブコム証券など。

仮想通貨

ビットコインやイーサリアムなど。仮想通貨投資を知らない人が、ニュースでビットコインの価格を聞くとびっくりするかもしれないが、実際に投資する場合は1ビットコイン未満で買えるので、500円からでも投資は可能。株式とは全く別の値動きをするので、分散先としても悪くはない。もちろん、少額でだが。

ロボアド

ウェルスナビなどでお馴染み。システムやAIを駆使して投資判断をし、資産運用を代わりにやってくれるのがロボアドバイザー。自分で投資先を選ぶ自信をなくしている投資家にもおすすめ。1万円から投資できるものもある。ウェルスナビ以外にもロボアドは存在するし、証券会社が独自に出しているロボアドがあったりもする。

クラファン

クラウドファンディング。不動産投資型、株式型、融資型がある。融資型はソーシャルレンディングと呼ばれる場合も。株などと違って値動きがなく、投資したら期間終了まで待ち、利益分配と元本の償還を待つスタイル。もちろん、元本割れのリスクはあるし、償還が早くなったり遅くなったり、予定利回りを下回ったりと、リスクはある。一万円から投資できる案件も。クラウドバンクなどが有名。

やはり入金力は大事

投資歴がそこそこになると気付くと思うが、やはり入金力が何よりも大切。少額投資で高い利回りを叩き出しても、利益額はたかが知れてしまう。もしかしたら、資金力がないときは、投資よりも転職や副業を頑張った方がいいのかもしれない。

© 2024 かぶはいDB